ステンレスやアルミ・銅板等金属の汚れ防止と防食の高密着・高硬度のプライマーにも利用できる有機+無機のコーティング剤:マイティ・エコA100で

このサイトは当社の製品をご利用頂いております(お客様の尊い施工技術情報)をご提供いただき、よりい住い改修の普及と推進を目指し、日々更新して参ります
ホーム >商品総合>ステンレスやアルミ等金属の保護剤
 
洗浄・保護剤の特徴・用途
貰いサビには
ステンレス等金属洗浄剤S1
頑固なサビを除去には
タイル用洗浄剤S3
ステンレスに食いこんだサビやアルミの白サビエフロ・
サビ取り用S5
多少のサビで比較的安全な洗浄はラスタータイル石材用洗浄剤S2
サビ取り洗浄剤A4
A4で緑青の洗浄と保護
黒錆変換プライマー
問い合わせMail
 
スレンレスやアルミ・銅版等の汚れ防止・防食に 【活用事例を詳しく】
 
【 有機無機プライーマー兼 コーティング剤 マイティ・エコA100 】
マイティ・エコA100
ステンレス・アルミの金属等へ高密着のプライマーとして利用 実例 ステンレス・アルミの金属の汚れ防止防食向上に有機+無機のコート 無機質のウイスカー(髭)
有機樹脂の弱点(柔かさ)を無機質のウイスカー(髭)により硬質度を高め耐久性を向上させました詳細
金属の保護として使用する樹脂は、アルキド及びアクリツ樹脂が一般的です。しかし、金属に比べて樹脂の方が柔らかく、長期的には密着性等の問題が発生します。そこで硬質膜を形成する無機膜での保護も提案されています。施工時のレべリング性が極端に低下するために作業が難しいとの欠点がありました。 A-100は対候性の優れたアクリル樹脂の中に無機質のウイスカー (髭)を約30%点在させることにより作業性維持しつつ樹脂の硬度を向上させることで長期の問題も解決致しました。
 
施工の条件は 1:基材の温度は5℃以上・35℃以下を必ず、確認して下さい。特に夏期・冬期の施工では基材が高温・低温になりがちです。塗膜の密着に影響が出ます。
2:施工時は基材に水分と汚れ等が完全に無い状態を確認後施工して下さい。
3:施工後2日間に雨水等水分が当たらない前提で施工して下さい。
4:施工前に必ず同一基材で事前の施工確認を行って下さい。
 
スパンドレル等塗装のプライマーに ステンレスの汚れ防止塗料として アルミの汚れ防止に 実例 右撥水面はA100塗布面
銅板塗装面に 銅版塗装下地のプライマーに A100塗布後に油性塗料塗布 プール等湿気のある室内の錆防止
海岸沿いのステンレスやアルミ等金属の塩水によるサビ防止に塩素遮断の機能を付加した研究品の塩水試験結果
         
アルミスパンドレルの改修 変色のアルミパネルの再生