コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

金属・金属塗装面への抗菌塗装

コンテンツタイトル下地

抗菌対策 STEP3:ドアノブ等金属類で、人が触れる頻度が高い部分に抗菌塗装 WEB カタログ

ドアノブ等手が触れる頻度が高く、汚染しやすい金属等の汚染を減らし、消毒と併用する抗菌対策

アルコール系抗菌無機塗料:フェイスガード イン アタック2

コロナ対策及びインフルエンザ予防は日常生活の必需品となっています。その中でもドアのノブや、手すりは、人が直接触れる箇所であり可能であれば除菌仕様にすることが望ましいことは周知のことです。
しかし、金属部分に塗料を塗布することはできず、さらに透明で質感を現状のままにすることは、とても難しい改善課題の1つです。

フェイスガード・イン アタック2は、従来の有機系ではなく、無機系(ガラス)コ-ト剤で、非鉄金属であるステンレス、アルミ等に高密着する様に設計しました。

薄膜のガラスコ-トであるため質感は変わらないことが挙げられます。またガラスコ-トは、絶縁性で帯電防止機能も期待できます。
抗菌性付与としましては多種検討の結果、銀と有機抗菌剤の併用が良いことを確認致しました。
銀抗菌剤は古くからありますが、そのメカニズムは雑菌中に存在する-SH基と強く結合し増殖を防止すると言われています。

他方、イミダゾ-ル基を有する有機系抗菌剤等も同様のメカニズムを有していることから、多種の雑菌増殖防止の目的で2種類(銀抗菌剤)と(有機系抗菌剤)を添加し、ドアノブ等の最も汚染しやすい金属部分への抗菌無機塗料:フェイスガード イン アタック2を開発しました。

尚、光触媒塗料フェイスガード・イン アタックの分解による抗菌力はなく、次亜塩素酸水C-Blockの消毒と併用して、万全を期す事をお勧めします。

手で触れる頻度が高いドアノブ等には抗菌塗装を行い、少しでも細菌、ウイルスを減少させる必要があります

最も汚れやすい引き戸の取っ手

最も汚れやすいドアノブ

コンビニ等店舗のトイレのドアノブ

診察室等入口のドア取っ手・手摺

エレベーターのボタン

スイッチや差し込み部分

フェイスガード イン アタック2を刷毛で塗布

受注生産特注品

汚染度が高いドアノブ等はC-Blockで常時、消毒して、汚染の危険性を下げる事が重要。抗菌対策STEP:4で

C-Block500ppm水溶液

200ppm以上で常時消毒

200ppm以上で常時消毒

200ppm以上で常時消毒

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る