コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

認定店施工事例

コンテンツタイトル下地

レガシー倶楽部認定施工店の素晴らしい施工事例のご紹介

抗菌・施工手順・抗菌保証

仙台市内の事務所トイレの抗菌施工(事前測定・消毒・光触媒塗装・金属用抗菌塗装)を行いました。

現場名
仙台市内の事務所トイレの抗菌確認施工(事前測定・消毒・光触媒塗装・金属用抗菌塗装)
認定施工店名
有限会社 内田塗装店・白井塗装工業株式会社・株式会社シンテック3社合同施工・測定応援:下田通商(株)仙台営業所
施工理由
次亜塩素酸水溶液C-Block濃度の消毒力確認、光触媒塗料Faith guard-in Attackと金属用抗菌塗料(近々上市)の抗菌力と施工方法の確認で合同施工
施工面積
30㎡
施工日時
8月22日、29日
消毒用:250ppmに希釈した次亜塩素酸水溶液C-Block

消毒用:250ppmに希釈した次亜塩素酸水溶液C-Block

(株)共立化学研究所の次亜塩素酸試験紙で塩素濃度 を確認

(株)共立化学研究所の次亜塩素酸試験紙で塩素濃度 を確認

(株)共立化学研究所の次亜塩素酸試験紙で塩素濃度を確認

(株)共立化学研究所の次亜塩素酸試験紙で塩素濃度を確認

細菌・ウイルスの汚染度測定はニッタ:ルミノメーターで測定しました。

細菌・ウイルスの汚染度測定はニッタ:ルミノメーターで測定しました。

トイレの壁面の汚染度を計測

トイレの壁面の汚染度を計測

壁の汚染度の菌数は280を計測しました。

壁の汚染度の菌数は280を計測しました。

250ppmのC-blockmをたっぷり塗布し20分放置して、 拭き取りしました。

250ppmのC-blockmをたっぷり塗布し20分放置して、 拭き取りしました。

拭き取り後の計測では68に減少していました。

拭き取り後の計測では68に減少していました。

可視光対応フッ化アパタイト被覆二酸化チタン光触媒塗料・フェイスガードイン-アタック

可視光対応フッ化アパタイト被覆二酸化チタン光触媒塗料・フェイスガードイン-アタック

フェイスガードイン・アタックを壁面に塗布しました。

フェイスガードイン・アタックを壁面に塗布しました。

3時間後菌数の測定を実施

3時間後菌数の測定を実施

3時間後菌数の測定を実施した結果、菌数は2を計測し
無菌?の状態でした

3時間後菌数の測定を実施した結果、菌数は2を計測し 無菌?の状態でした

同じ施工過程で、ドアのノブの汚れも測定しました。

同じ施工過程で、ドアのノブの汚れも測定しました。

ドアノブの菌数は848を計測し、汚れの度合いが多いことを確認しました。

ドアノブの菌数は848を計測し、汚れの度合いが多いことを確認しました。

250ppmのC-blockmをたっぷり塗布し30分放置して、拭き取り、測定しました。

250ppmのC-blockmをたっぷり塗布し30分放置して、拭き取り、測定しました。

ドアノブの菌数は73を計測し1/10以下まで減少しました。

ドアノブの菌数は73を計測し1/10以下まで減少しました。

金属・金属塗装面に塗布するアルコール系抗菌塗料フェイスガード-インアタック2

金属・金属塗装面に塗布するアルコール系抗菌塗料フェイスガード-インアタック2

フェイスガード-インアタック2をドアノブにたっぷり刷毛で塗布しました。

フェイスガード-インアタック2をドアノブにたっぷり刷毛で塗布しました。

翌日、ドアノブの痕数を測定しました。

翌日、ドアノブの痕数を測定しました。

ドアノブの菌数は2に減少していました。抗菌力の確認が出来ました。

ドアノブの菌数は2に減少していました。抗菌力の確認が出来ました。

事例カテゴリー: 抗菌・施工手順・抗菌保証
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る