コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

室内の木部家具・白木への抗菌塗装

コンテンツタイトル下地

STEP3 ➡ STEP4はレガシー倶楽部抗菌推進認定施工店責任施工で行います。

抗菌対策は STEP1 (消毒)STEP2 (抗菌塗装)STEP3 (光触媒塗装)STEP4 (抗菌対策の持続) を実施します

STEP2-1(金属ノブやプラスチックスイッチ)へ抗菌塗装 詳しくはこちら
STEP2-2(木部腰壁や取っ手・塗装面・クロス)へ抗菌塗装

抗菌対策:STEP2-2(木部腰壁・取っ手・塗装面・クロスにフェイスガード・インAttack2W)で抗菌塗装

手で触れる頻度が高い木の家具や腰壁・手摺等には抗菌塗装を行いウイルスを減少させる必要があります。

幼稚園や学校の木部腰壁

高齢者施設内の机や壁面

階段の手摺と手が触れるクロス面

待合室の椅子木部のひじ掛け

木製家具

学校の机や木部壁面・教壇等

診察室など木材調壁面

木製扉全体

和室の日焼け・防カビ・抗菌に

白木はWG5で防水・防カビの下塗り

フェイスガード・インAttack2Wを塗布し、抗菌機能の和室木部に

新型コロナウイルス流行下、より安全に生活するために消毒等を行っております。ただたくさんの人が触れる場所や、消毒の頻度を抑えたい場合は、雑菌、ウイルスの増殖を抑制する抗菌仕様とすることが必要です。
抗菌剤のスプレ-は市販されていますが基材と密着しない為、長期の効果は期待出来ず、抗菌仕様の機材も市販されていますが実際取り換える訳にもいきません。
そこで、現状のまま空間を抗菌仕様とする目的でフェイスガ-ド・アタック2Wを開発しました。アタック2Wは抗菌剤を含有するコ-ティング剤です。
含有する抗菌剤は銀イオン、有機系ホリアミン誘導体の大きく2種類です。金属イオンの抗菌性は、高電荷から銀、銅、亜鉛が効果があると言われています。
銀イオンは、アミノ酸等のタンパク質と結合し、銀錯体を形成して菌の活動を小さくすると言われております。従って、銀イオンの濃度が高い程、抗菌効果も高い事は明白です。
アタック2は大量の銀を含有しており高抗菌効果が期待できます。
他方、有機系ホリアミン誘導体は、4級アンモニウム塩でありその表面基がアミノ酸等のタンパク質を引き付けるため菌等の活動を小さくすると言われ、即効性はないものの長期抗菌効果の観点では効果があると考えられます。

WEB カタログ
1)木製扉や木材塗装面・木製家具等に抗菌塗装を行います。
2)白木のにはWG5プラスワンを下塗り後、Attack2Wを塗布します。
3)WG5プラスワンは日焼け防止・防水・防カビ機能を発揮します。
4)クロス・水性塗装壁面にも塗布が可能です。
5)木部製品もウイルスが付着し、C-Block消毒と併用をして戴きます。
6)この施工をされた皆様にはC-Blockの4L500ppmを特別価格で販売させて戴きます。
アタック2Wの使用用途

アタック2Wの使用用途は、主に木材仕様の壁面・木材塗装面・木材家具そしてWG5プラスワン塗布後の白木に利用できます。水性コーティング剤です。

標準的作業工程
  1. 弊社除菌剤C-Blockを基材に塗布。C-Block施工要領を参照ください。
  2. 0.5-1Hr後、ふき取る。場合によっては必要ない場合もある。通常2回塗布。
  3. アタック2Wを布、スポンジ、刷毛で薄く塗布(25-30m2/㍑)
  4. 触感;2-3Hr、完全硬化;1-2日

(水性シリコン兼無機コーティング剤フェイスガード・インAttack2W)で抗菌塗装後の用心の消毒を

汚染頻度が高い木の家具や腰壁・手摺等C-Blockで常時、消毒して汚染の危険性を下げる事が重要です。

C-Block500ppm水溶液

200ppm以上で常時消毒

200ppm以上で常時消毒

200ppm以上で常時消毒

人の手が多く触れる部分にはウイルスが常時付着します。この為、常時消毒を行い、衛生環境を保つことが重要です

抗菌・衛生製品(C-CLOCK、フェイスガード・インアタック2、アタック2W)についてのお取り扱いは抗菌・衛生製品取扱店をご覧ください

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る