コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

細菌・ウイルス除去・抗菌対策

コンテンツタイトル下地

細菌・ウイルス除去・抗菌対策 WEB カタログ

コロナウイルスに世の中は騒然としております。ひと昔前はスペイン風邪。今後、新たなウイルス・細菌に襲われます。
何処にも漂う細菌ウイルスに、年齢に関係なく、無防備を戒め、理に叶う対策を講じ、防衛する必要があります。
  • 【病院の待合室・病院内】

    【病院の待合室・病院内】
  • 【施設や店舗・住いのトイレ】

    【施設や店舗・住いのトイレ】
  • 【お年寄りが過ごす施設内部】

    【お年寄りが過ごす施設内部】
  • 【電車やバス等交通機関】他様々

    【電車やバス等交通機関】他様々

抗菌対策:事前準備

1:細菌・ウイルスの汚染を防ぐには、汚染の実態を正しく測定する必要があります。
抗菌・浄化推進認定施工店はルミスターSmart又は ルミノメーター (高感度ATP検査測定キット)で事前測定を実施します

熊本市の認定店施工:砥綿建装施工結果をもとににご紹介します。

  • 【病院の待合室・病院内】
  • 検査キットで汚染箇所をこすると汚染度が計測されます

    • 検査キットで汚染箇所をこすると汚染度が計測されます
    • 検査キットで汚染箇所をこすると汚染度が計測されます
  • ドアノブの菌数は3350でした

    ドアノブの菌数は3350でした
2:次亜塩素酸水溶液C-Block(500ppm)を殆どの細菌ウイルスを除去できる高濃度200~250ppmに希釈します。
C-Blockの塩素濃度を次亜塩素酸試験紙((株)共立理化学研究所製)で確認します。
菌数測定が2000ppm以上の場合、C-Block500ppm原液を使用します。C-Clock消毒で数値を100以下を目指します。
ドアノブ等劇甚汚れ(数値5000以上)、コロナウオルス対策の場合、C-BlockV1500ppmを利用する場合も有ります
インフルエンザウイルスはC-Blockで500ppmですと1分で<10になり消滅します。抗ウイルス性能評価試験
  • C-Block(500ppm)

    C-Block(500ppm)
  • 次亜塩素酸試験紙でC-Blockと市販次亜塩素酸原液の塩素濃度を確認しました

    • 次亜塩素酸試験紙でC-Blockと市販次亜塩素酸原液の塩素濃度を確認しました
    • 次亜塩素酸試験紙でC-Blockと市販次亜塩素酸原液の塩素濃度を確認しました
    • 次亜塩素酸試験紙でC-Blockと市販次亜塩素酸原液の塩素濃度を確認しました

詳しくははこちら

抗菌対策 STEP1:次亜塩素酸水溶液C-Blockで消毒詳細はこちら

1壁面の汚れ

1:壁面の通常汚れ

トイレ壁面等壁面には200~250ppmの次亜塩素酸水溶液C-Blockを噴霧し、20分以上放置します。
放置して、水気が残った部分を清潔なタオル、キッチンペーパーで拭き取ります。直ぐふき取りやm噴霧は厳禁です。
汚れた壁面の菌数は1/10以下に減少。菌数は(1924⇒110)に減少しました。

2:壁面の重度汚れでは

トイレ壁面等壁面には200~250ppmの次亜塩素酸水溶液C-Blockを塗布し、20分以上放置し、2回消毒しました。
放置後、水滴を拭取り測定すると、汚れた壁面の菌数は1/10以下に減少。菌数は(3121⇒54)に減少しました。

2ドアノブ等金属・金属塗装面・プラスチック等の激甚汚れ

ドアノブ等金属部分の劇甚汚れ:菌数が5000を超える数値、コロナウイルス対策を想定するならC-Block(500ppm)原液を2回塗布するか、C-BlockV1500ppm塗布して、20分以上放置すれば50以下の数値になります。

抗菌対策 STEP2:フェイスガード・インAttackで光触媒塗装詳細はこちら

フェイスガード・インAttackを吹付

C-Blockで1290⇒110まで減少

フェイスガード・インアタック

吹付塗装後翌日28に減少、以降更に<10に減少してゆきます

抗菌対策 STEP3:フェイスガード・インAttack2で抗菌塗装詳細はこちら

汚染される頻度が高いドアノブ等の金属・金属塗装面・スイッチ等はアルコール系抗菌塗料フェイスガード・インAttack2で抗菌塗装と消毒を

抗菌対策 STEP4:抗菌環境の持続

お客様の日々の抗菌日課

  1. 照明点灯 光触媒塗装部分3へ1日8時間以上の照明
  2. STEP3抗菌塗装部分への日々の消毒
    施主様へのC-Block特別価格の設定
  3. 抗菌試験検査済書での光触媒塗装部の抗菌数値50以下の3年保証
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る