コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

次亜塩素酸水 C-Block

コンテンツタイトル下地

純水仕様の中性の細菌・ウイルス消毒剤次亜塩素酸水 C-Block 500ppm

高い消毒効果を確認しました

抗ウイルス性能評価試験

レガシー倶楽部認定施工店取り扱い製品
塩酸は含有せず、長期保存に耐える消毒剤

次亜塩素酸水についての紹介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』では次亜塩素酸水について下記の如く、紹介しています。

安全性

急性毒性、反復投与毒性、遺伝毒性、皮膚累積刺激性試験、眼刺激性試験等の試験の結果、異常がないことが確認されている。

有効性

次亜塩素酸水には、殺菌基盤となる次亜塩素酸(HClO)の他、過酸化水素(H2O2) やヒドロキシラジカル(OHラジカル)が存在する。次亜塩素酸水の広範な殺菌力の作用機序は、これらが細胞膜やタンパク質、核酸に多面的に作用して酸化的に損傷を与えることであると考えられている。使い続けても耐性菌の出現がこれまで無く、今後もないと理論的に判断されている。

但し、有効塩素濃度が規定未満の場合、殺菌効果が不十分となるため、使用前には必ず有効塩素濃度を確認することが重要である。

また、タンパク質や油分など有機物が混在する場合、次亜塩素酸が消費され、目的の殺菌効果が得られないため、あらかじめ十分に有機物汚れを落とす必要がある。

次亜塩素酸水の殺菌効果 ・ 不活化効果
名   称
次亜塩素酸水
(40ppm)
次亜塩素酸ナトリウム
(1000ppm)
Staphylococcus aureus(黄色ブドウ球菌)
MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)
Bacillus cereus(セレウス菌)
Salmonella Enteritidis(サルモネラ菌)
Vibrio parahaemolyticus(腸炎ビブリオ菌)
Escherichia coli O-157:H7(腸管出血性大腸菌)
Campylobacter jejun(カンピロバクター菌)
ノロウイルス(ネコカリシウイルス) 〇⇒△当社判断
インフルエンザウイルス(2009年新型を含む)
Candida albicans(カンジダ )
Aspergillus niger ; アスペルギルス(黒カビ) ×
Penicillium cyclopium ; ペニシリウム(青カビ) ×

※殺菌効果又は不活化効果 : ◎(速攻)> 〇 > △ > × (無効)

C-BLOCK は 500PPM

※コロナウイルスの消毒に関しては現在、知見がありませんので、次亜塩素酸水 C-Block 500ppm を5倍希釈した100ppm以上による念入りの消毒をお勧めしています。


※1:この消毒剤は 500ppm の濃度となっております。通常の洗浄でお使いになる場合、100ppm(5倍希釈)にして消毒にお使い下さい。

※2:手の消毒にお使いになる場合も同様です。

  1. 使用に際して施工仕様書及び MSDS をよく読んでお使いください。
  2. 吸入や飲用は出来ません。
  3. 他の液剤と絶対混ぜないで下さい。
  4. 高濃度における作業は保護メガネ或はビニール手袋を着用して下さい。
  5. 高濃度における作業で皮膚に液剤が触れた場合、すぐ洗いとって下さい。
  6. 衣類にかかると、脱色の恐れがあります。
  7. 使用容器はプラスチック容器を使用して下さい。
  8. 使用後は蓋の密閉を確認し直射日光を避けて常温保管をして下さい。
  9. 保管場所は子供の手の届かない場所を選び注意し、保管して下さい。
  10. 本製品の性質上6ケ月以内に使用して下さい。
24時間、細菌ウイルスを吸着分解し、石鹸で手を3回洗った衛生環境を作る事が出来ます

フェイスガード・イン Attack

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る