コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

抗菌・衛生製品

コンテンツタイトル下地

抗菌対策 STEP1:次亜塩素酸C-Blockで細菌・ウイルスを消毒

コロナウイルス感染が始まり、この感染の終息がしない中、イギリス由来の1.7倍の感染力に変異したウイルスが来年には日本にもの情報もあります。更に、将来の未知のウイルス。可能な限りの対策が必要です。詳細はこちら

抗菌対策は STEP1 (消毒)STEP2 (抗菌塗装)STEP3 (光触媒塗装)STEP4 (抗菌対策の持続) を実施します

※事前に施工の理解を確認後、お使い頂けます。

抗菌対策(STEP1)消毒

次亜塩素酸 C-Block 500ppm による徹底消毒と菌数測定

◆高感度ATP検査測定キット活用し菌数測定50以下迄消毒

  

抗菌対策(STEP2)抗菌塗装

◆フェイスガード・イン Attack2 でドアノブ等金属・樹脂へ抗菌塗装

◆フェイスガード・イン Attack2W で木製家具・木部へ抗菌塗装

抗菌推進認定施工店責任施工

抗菌対策(STEP3)光触媒塗装で徹底的に抗菌

◆フェイスガードインAttackで光触媒抗菌環境作り

◆細菌・ウイルスを24時間吸着分解除去を継続・可視光反応型

抗菌対策(STEP4)抗菌環境の持続

◆抗菌環境の持続の為に汚染菌数50以下の保証

劇甚汚染部分への生活者による日常消毒の確認

次亜塩素酸水C-Block500ppm

測定には高感度ATP検査測定キット

トイレのドアノブの事前測定

C-Blockを2倍希釈250ppmで塗布

C-Block塗布20分後測定で1927⇒110に

C-Blockを2倍希釈250ppmで再塗布

20分後に菌数想定

次亜塩素酸水C-Block500ppm

※1:壁面のC-Blockは水平面と異なり、流れ落ちますので、十分時間を置き、水滴が残った部分を拭取る事が効果的です。

※2:C-Blockは2倍希釈の250ppmで消毒しましたが、500ppmに近い濃度で時間を置きけば『0』に近い菌数になります。

抗菌対策:STEP2-1(アルクール系無機コーティング剤フェイスガード・イン Attack2)で抗菌塗装

人の手が触れる頻度の高い金属取っ手や樹脂製スイッチはすぐ、汚染されます。ステンレスやアルミ、樹脂に密着する抗菌塗料を塗布し、定期的にC-Blockで消毒して、汚染の危険性を減らす事が重要です。

詳細はこちら WEB カタログ

汚染頻度が最も高いドアノブ等の金属面・金属塗装面・スイッチ等のプラスチックにはアルコール系抗菌無機塗料フェイスガード・インAttack2を塗布し、抗菌基材とし、お客様の日々の消毒継続で菌数50以下の抗菌環境を目指す

金属製の取っ手

スイッチ

金属扉の取っ手 塗装面

コンビニのトイレ扉全体

金属製の取っ手

金属製のドアノブ

フェイスガード・インAttack2

金属製扉の全体.・取っ手と周囲

抗菌対策:STEP2-2(水性無機コーティング剤フェイスガード・インAttack2W)で抗菌塗装

更に人の手が触れる住いの木部・家具・木製扉や幼稚園・学校の木部の腰掛・階段手摺と周辺のクロス等も、大量に汚染されます。白木の柱にWG5(プラスワン)を塗布し、Attack2Wを塗布すれば日焼け防止・防かび・抗菌の室内となります。

詳細はこちら WEB カタログ

手で触れる頻度が高い木の家具や腰壁・手摺等には抗菌塗装を行いウイルスを減少させる必要があります。

幼稚園や学校の木部腰壁

高齢者施設内の机や壁面

階段の手摺と手が触れるクロス面

待合室の椅子木部のひじ掛け

木製家具

学校の机や木部壁面・教壇等

診察室など木材調壁面

木製扉全体

和室の日焼け・防カビ・抗菌に

白木はWG5で防水・防カビの下塗り

フェイスガード・インAttack2Wを塗布し、抗菌機能の和室木部に

次亜塩素酸水C-BlockとAttack2とAttack2Wを活用すれば、ローコストで抗菌環境が作る事が出来ます。

抗菌・衛生製品(C-CLOCK、フェイスガード・インアタック2、アタック2W)についてのお取り扱いは抗菌・衛生製品取扱店をご覧ください

室内に漂う細菌・ウイルスを更に徹底的に除去する最善の方策として内装用光触媒塗料フェイスガード・インAttackは24時間細菌ウイルスを吸着分解します。詳細はこちら

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る